FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国を亡ぼす君主

.25 2012 政治・行政 comment(0) trackback(0)
 国を亡ぼす君主というものは、きまって自ら驕(おご)り、自らを知恵あるとして、人を軽蔑(けいべつ)するものである。
 自らを驕れば人材をいい加減に取扱い、自らを知恵ありとすれば専制独裁をやる。相手を軽んずれば備えがなくなる。何事があっても、びくともしないという用意がなくなってしまう。

 備えがないと禍(わざわい)を招き、独裁をやると地位が危(あやう)くなり、人材を軽んずるとすべてが塞(ふさ)がってしまう。そうして自ら亡んでしまう。

 安岡正篤

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://muneookhotsk.blog.fc2.com/tb.php/62-a8359116
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。