FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩上安身氏「津別フォーラム」

.24 2012 社会・経済批評 comment(0) trackback(0)
ジャーナリストであり(株)IWJ代表である岩上安身氏の「津別フォーラム」に参加してきた。
今回の領土問題・TPP・消費税増税・原発再稼動などの陰にアメリカの戦略があり、さらにアメリカを牛耳っている
イスラエル(ユダヤ)の影響に言及した。
アメリカの民主党の収入の65%と共和党の収入の35%がイスラエル(ユダヤ)からの献金であるらしい。

中東の問題、民主党の前原が外務大臣時にやすやすと、アメリカの主張を聞いてイランのアザディガン油田の権利を放棄した。これらはすべてアメリカの指示に従っている結果である。と述べていた。

個人の考えでは
領土問題も、竹島については米韓FTAでアメリカの言う事を聞いた、李明博に対しての御褒美でOKを与えたのだろう。
尖閣については、日米安保5条ではなく、日米同盟により諸島部は日本の防衛である旨明記されており、中国と緊張した方が、日米安保という不平等属国条約を維持でき、日本に引き続き基地負担をさせられるとの思惑がある。

日本が真の独立国家として主権を取り戻すには、日米安保を破棄し東アジアを中心とした外交に見直さなければ、
日本の景気回復もない。
スポンサーサイト

今の日本の混迷は「安岡正篤氏」は指摘していた

.01 2012 社会・経済批評 comment(0) trackback(0)
今日の混乱・頽廃は教養の貧弱に原因するか

 一般に日本の指導階級の教養の貧弱ということが現代日本の弱点になっておることは否(いな)めない事実でありますが、これは指導階級ばかりではありません。学生までも教養が甚(はなは)だ乏しくなっておる。
 やはり真剣に、中国ならば中国の歴史、又その間に生まれておる権威ある古典、それも種類・範囲を相当広げて読んでおらなければ、時局の解釈はできません。そこに今の日本の政界・財界、或いはマスコミ界が権威がなく、混迷する一番痛い理由があるわけであります。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。